ECサイト構築 用語集

アクセシビリティ

情報・ソフトウェアなどがどの程度広汎な人に支障なく利用可能であるか、またはその度合いをあらわす言葉。高齢者や障害者などハンディを持つ人にとって、サイトがどれくらい利用しやすいかという意味でも使われる。

アドワーズ

アドワーズは、Googleが広告主に対して提供している検索連動型広告のサービスです。 広告主は、サービス申込み後、掲載したい広告と、その広告に関連性のあるキーワードを選択し登録します。このキーワードは、検索エンジンの検索結果と広告を連動させるために選択するものです。 登録すると、Googleの利用者がキーワード検索を行った際に、広告が検索結果画面の上部やサイドに表示されるようになる。 検索された単語およびWEBページの内容と広告を連動させることで、低予算で効果的な宣伝をすることができます。

インタラクティブ

対話または双方向という意味で、ユーザがソフトウェアが要求する指示に対して、パソコンの画面を見ながら、答えを入力し、画像や音声などによって示される内容に応答するといった、情報の交換を行うような操作方法を指します。例としてユーザ自身の意思でストーリーが変わっていくテレビゲームなどがあります。

ECサイト

自社の商品やサービスをインターネット上で販売しているサイト。 また楽天などのECサイトが集まったものをサイバーモールという。""EC""とは、""electronic commerce(エレクトロニックコマース=電子商取引)""の略で、 ""eコマース""と呼ぶこともあります。

ウィキペディア

非営利団体のウィキメディア財団が主催している、世界中の利用者が自由に執筆できるインターネット上のフリーの百科事典。ウィキペディアには広告や有料サービスなどが一切無く、運営に必要な資金は寄付によってまかなっています。ウィキペディアは2001年1月15日に英語で開始され、現在では世界中の200を超す言語で作成されています。

エクスプローラ

エクスプローラー(Explorer) は、英語で「探検家、探究者」の意味。パーソナルコンピュータ等においてデータ・情報等を閲覧・検索するアプリケーションソフトウェアというような意味で使われる。特にマイクロソフト製品の名称に多く使われています。

オンラインショップ

ユーザーがインターネット上で商品/サービスを売買出来るサイトの総称。インターネットの世界では、実店舗のことをリアル店舗といい、反対に区別することがある。 オンラインショップは、個人運営から企業単位まで幅広い規模がある他、実際に店舗を持ちながらオンラインでの通信販売も行っていたりと様々な形式があります。さらに商品の販売方法もショッピングカート・メール・電話など複数あり、銀行振込を利用するものから、クレジットカードを利用するもの支払い方法もあります。あるいは「BitCash」などの「電子マネー」システムを利用するものなど、サイトごとに様々です。 また最近はオンラインならではの機能を備えたショップも増えていて、例えば自分と他人の買い物内容などからのお勧め機能、多数のショップを含むセレクトショップのような店舗などがあり、多くのユーザーに利用されています。

service menu

24時間お問合せフォーム

  • 東京近郊は無料でお伺い致します。
ブログパーツ